キャッシング利用者の統計

水曜日, 2月 5th, 2014

どのような人々が、どのような理由で、キャッシングを利用しているのかということは大変気になりますよね。 そこでここでは、キャッシング利用者の統計データについてご紹介したいと思います。

キャッシング人口は、年々増加傾向にあり、今ではキャッシングをしている人が約1200万人程いるといわれています。

日本の人口の1/10程度の人がキャッシングを利用しているということなります。

キャッシング利用者の性別の割合は、男性が7割、女性が3割と言われています。

年齢層は30代から40代の割合が最も多く、次が20代と言う統計データが出ています。

では、キャッシングを利用する理由には、統計上どういったものが上がっているのでしょうか? 一番多いのが生活費の補填、交際費のようです。

交際費とは具体的には、冠婚葬祭のための費用など、「人間関係が絡んでくる、無理に断るわけにはいかないケース」が該当します。