自己破産について

日曜日, 10月 6th, 2013

「自己破産」という言葉は誰もが一度は聞いたことあるでしょう。しかし、自己破産について、正しく知っているという人はあまりいないのではないでしょうか。そこで、借金というものと切っても切れない関係がある「自己破産」というものについてご説明したいと思います。

まず、自己破産というものについて多くの人が抱いてるイメージとしては、なんだかよくわからないけれども、「追い詰められて最終的にとる究極の手段」、「人生の終わり」といったようなイメージがあるかと思います。

しかしながらそれは間違いで、自己破産というのは人生を再生するために使われるポジティブな手段です。

何がどうポジティブなのか?とお思いになられるかもしれませんが、自己破産の存在意義が「人生の再建」にある点です。

具体的には、多額の債務を負ってしまった場合で、もはや自力返済は不可能という状態に陥った場合に、債務者の最低限の生活に必要な用品などを除いた、すべての財産を換金してこれを全債権者に公平に分配する手続きのことです。

自己破産をすると、「官報」というものに名前が載ります。

しかしながら、官報は一般の人が読むことはあまりありませんから、知り合いにこのことを知られるということはほとんど無いでしょう。 自己破産とは、基本的にはこれだけで、その他何らデメリットがあったり不利益を課されたりするわけではありません。確かに一度自己破産をしてしまうと、もうお金を借り入れることはほぼできないという状態にはなるのですが、この手段を知らずに借金を「自殺」という方法で解決しようとする人も年間数千人いるといわれています。

これは無知が生んだ悲劇です。

借金は必ず返さなければなりませんし、返せないという状態は大変な状態であります。

しかし、命まで失う必要は決してないのです。

このブログでは、キャッシングについて取り扱っているのに、こんな極端な話をするのはあまり良くないというかマッチしないかもしれませんが、多くの人が借金というものに対して悪いイメージを抱いている理由の一つに、「究極の果てには死が待っている」というものがあると思いますので、その誤解を解くために自己破産について取り上げさせていただきました。