ためになるキャッシング講座!

木曜日, 9月 12th, 2013

このブログでは、キャッシングについてあまり知らないという人のために、キャッシングの基礎から知識であったり、情報であったりをご紹介していきたいと思っています。

まず、そもそもキャッシングとは一体何なのかということについてお話ししたいと思います。

「キャッシング」というと、なんとなく「お金を借りること」ということについては分かるという人がほとんどでしょう。実際に、キャッシングという言葉は、広い意味では「融資」を意味します。

しかし、一般に用いられているキャッシングという言葉は、「一括返済の小口融資」を指し、また、そのほとんどが「消費者金融のキャッシング」を意味しています(インターネットでキャッシングと検索してみるとわかるのですが、検査結果のほとんどのものは消費者金融のキャッシングです)。 キャッシングと似たような言葉に「カードローン」というものがあります。

カードローンとキャッシングの違いという点を知っておくと、キャッシングについての理解も深まるでしょう。 カードローンの場合は、「大口の融資」で返済方法が「分割払い」(そのほとんどがリボ払い)になっています。

ただし、返済の方法が違うからといって「キャッシング」か「カードローン」かを区別することはできませんので、大口の融資はカードローン、小口の融資で消費者金融が行う貸付をキャッシングと覚えておくと良いのではないでしょうか。 お金を借りるというと何だか恐い感じがしますよね。その理由としては、誤ったイメージを持っているからか、もしくはキャッシングについてよく知らないからかのどちらかの理由によるものだと思います。

ここでちょっと考えてみてほしいのですが、あなたがもし、今急にお金が必要になってしまったとしたらどのようにお金を準備しますか?おそらく家族や友人からお金を借りるといった選択肢が真っ先に挙がるのではないでしょうか。ではこの選択肢が取れないとなるとその他には何が思いつきますか? お分かりかと思いますが、一時的にお金が必要になると、そのために取れる方法というのは案外少ないものなのです。

お金が必要という理由にはいろいろなものがありますが、家族や友人からお金を借りるといった場合には、何でお金が必要なのかということを説明しなけばなならない場合がほとんどでしょう。そしてこの理由によっては、お金を貸してもらえないことも多々あるはずです。

そのようなことを考えると、もし、万が一急にお金が必要になったらどういった手段を取るか、ということを日頃から考えておく必要はあると思いますし、また、この時に大変便利なのがキャッシング会社からキャッシングを受けるということなのです。

ですから、まず真っ先に押さえておくべきことは、「キャッシング」というのはとても便利なものだということです。

これについてはしっかりと理解しておきましょう。 次は、キャッシングについての誤ったイメージを取り上げてみたいと思います。

多くの人が「キャッシングがなんとなく恐い」と思う理由の一つに、法外な利息を請求されるというものであったり、取立てが恐いというものであったりすると思います。

そのようなイメージを生み出している原因の一つにテレビドラマや漫画と言った、各種メディアが挙げられます。

借りたお金は返せないけど確かに大問題なのですが、実際にそのようなことが起こると、お金を貸した側はどのような方法を使ってでもお金を回収していいというわけでは決してありません。貸金業者については、貸金業法という法律で様々な制限がかけられています。

取立て・回収手続きについても、法的な手続きをもとに行われていくので、恐喝や迷惑行為をされたりすることは一切ありません。もちろんだからといって、借金を踏み倒していいわけではありません。また、借りたお金が返せなくなると、恐喝まがいの行為や迷惑行為をされることはない代わりに、きちんと法律の手続きに乗っ取って、最終的には裁判所の力によって強制執行が行われますから、このことについてはしっかりと知っておく必要があります。

ただし、巷に広がっているお金を借りるということに対する悪いイメージ、恐怖のイメージのほとんどは間違っているということについてはきちんと知っておくべきでしょう。 また、それらについてきちんと知っておき、キャッシングについての賢い使い方を学ぶことで、生活を便利にするための知恵を得ることができます。